コツコの日記

好きな映画やゲームなんかを気ままに。

【映画】灯台下暗し「クーリエ 過去を運ぶ男」配信鑑賞20本目

f:id:kotsuko0218:20210306213607j:image

 

ポスタービジュアル二つありました。

タイトルも違う。

f:id:kotsuko0218:20210306213625j:image

 

配信時に変えたのかも。

不思議。

 

〈作品概要〉

監督:ハニ・アブ=アサド

キャスト:ジェフリー・ディーン・モーガンジョシー・ホーミッキー・ロークほか

公開日:2012年7月7日

本編尺:95分

予告編:https://youtu.be/aJm2jjgTYn4

 

〈あらすじ〉

運ぶ物の中身も目的も問わず、指定されたとおりに必ず荷物を届けるプロの運び屋クーリエは、イーブル・シビルという正体不明の男に鍵のかかったカバンを60時間以内に届けるよう依頼される。生死すら定かでないイーブルを探しはじめたクーリエだったが、行く先々で危機に襲われ、関係した者たちは次々と死体になっていく。やがてクーリエは驚きの事実に突き当たり……。

 

〈ネタバレあり感想〉

 

♦️物を運ぶだけの映画の常識が覆る❗️

物を運ぶだけの映画ってたくさんあって、でもただ運ぶだけだと面白くないから色々邪魔とか妨害が入って無事に届けられるか!?みたいな展開になるのが常なんですが、この映画はそうではない。そもそもどこに運べばいいのかが分からない。これ2日以内にイーブル・シビルさんに届けてね、場所分からないけどって丸投げ。斬新すぎる。

f:id:kotsuko0218:20210306215233j:image

♦️とにかく走る❗️

もうね、主人公がとにかく走る。

カット変わってもずっと走ってる。

この撮影本当に大変だったと思います。

運び屋って職業柄走るのが仕事でしょうけど、もっと車とか乗っていいんだよ。

f:id:kotsuko0218:20210306215226j:image

♦️オチが灯台下暗し

ラストの展開のおもいっきりネタバレになりますが、実はイーブル・シブルは自分だったというオチ笑

最初に受け取った時から運ぶの完了してるっていう話。

主人公は記憶失ってて、(この説明映画の中でもちゃんとしてたかな?)自分が実はイーブル・シブルだったんだと気づく。

そして過去に仲間を裏切っていたという辛い話。それを聞いて冷静に仲間を撃ち殺し終わる。

いつのまにかドライバーの女性も居なくなっていたし、回収されて無いところが気になったりもしましたが、ラストに驚きありの映画でした。

まさかそのオチとは。

たしかに時々よく分からない過去回想挟まってたけど、これが主人公のものなのかどうかも分かりにくかったから予想外だなこれは。

 

【映画】ニンジャでも勝てない「コルト45 孤高の天才スナイパー」配信鑑賞19本目

f:id:kotsuko0218:20210228191737j:image

 

〈鑑賞動機〉

ガンアクションみたさで鑑賞決めました。

いつもAmazon primeで見てるんですけど、おすすめに出てくる映画から順番に見てます。

これ便利。最高傑作!ってのがおすすめされないんですが笑

 

〈作品概要〉

♦️監督:ファブリス、ドゥ・ベルツ

 

♦️製作:トマ・ラングマン

(「アーティスト」のプロデューサー)

 

♦️キャスト

ジェラール・ランヴァン

ジョーイ・スター

ほか

 

♦️公開日:2015年1月27日(一部劇場のみ)

 

♦️本編尺:85分

 

〈あらすじ〉

警察学校で射撃を教えるバンサン・ミレスは弱冠25歳にして世界中からその才能を求められる天才スナイパーだったが、捜査チームを結成することを拒み続けていた。しかし問題児の刑事ミロ・カルデナとの出会いをきっかけに激しい戦いに巻き込まれ、その中で次第に隠されたその本性が露わになっていく。

 

〈ネタバレあり感想〉

♦️フランス発の本格ガンアクション

フランス映画って静かで、淡々と描かれる事が多い印象ですが、本作品は主人公の感情の爆発ととともにしっかりBGMかけて上がるように作られてました。

銃撃戦、みたいなところはそれでもアメリカ映画に比べれば大人しいですが。

盛り上がりは特に残り30分くらいからでしょうか。そこからは獣のような主人公の強さをただ口を開けてみるしかない時間帯です。

 

♦️奴らにはニンジャでも勝てない❗️

っていうセリフが実際にあるんですが、実際敵はかなりの強敵なんですよね。

ラストになると真相がわかりますが、それもそのはず。政府が裏で公認していた対テロ部隊の犯行だったからです。

そりゃニンジャでも勝てない。

味方だと思ってたら敵だったという。

 

♦️アクションとしては70点、ストーリーは80点

アクション映画においてストーリーはそんなに深掘りされない事が多いですが、本作品はどちらかと言うとストーリーに凝った設定があったように思います。

主人公が弱みを握られて犯人の言う通りにしないといけないけど、殺人課で仲間と一緒に犯人も捕まえないといけない。

でも犯人が捕まった時は自分がやったこともバレる時。

その葛藤がありつつ、実はその犯人というのが政府が主人公を仲間に引き入れる為の秘密の対テロ部隊。そりゃ強いし捕まらないわっていう。結果主人公は身近な仲間を殺され、怒り狂い、敵を一人で次々と殺していき、政府に捕まる。この主人公の人も殺したことのないベビーフェイスが鬼の形相で敵を躊躇なく殺していく感じはまさに殺人兵器。

最後にはその腕を買われて終身刑が免除されての対テロ部隊入り。

能力の高い人間は最後まで誰かから必要とされて許されるんだなとなんか嫉妬です笑

才能のある人間はいいな。

努力ももちろんありますが。

【映画】1977に拉致され、7年間奴隷として生きた女性の実話「ガール・イン・ザ・ボックス」配信鑑賞18本目

f:id:kotsuko0218:20210228014054j:image

 

f:id:kotsuko0218:20210228021055j:image

海外ビジュアル

 

〈鑑賞動機〉

ビジュアルのインパクトの強さに惹かれて。

あと、尺が88分と短尺で手に取りやすかった。

前情報は何もなしです。

 

〈作品概要〉

f:id:kotsuko0218:20210228014320j:image

♦️監督・脚本:ステファン・ケンプ

(IMDBより)

♦️キャスト

f:id:kotsuko0218:20210228014614j:image

コリーン役:アディソン・ティムリン

(公式インスタより)

ゼーン・ホルツ

ゼルダ・ウィリアムズ

ほか

 

♦️公開日:2016年(カナダ)※日本未公開?

 

♦️本編尺:88分

 

〈あらすじ〉

ヒッチハイク中の20歳のコリーンは、キャメロンとジャニス夫妻の車に同乗。最初は会話を楽しんでいたが、突如キャメロンの態度が豹変。コリーンは拉致され、鞭で打たれ、狭い箱の中に閉じ込められてしまう。逃げたら酷い目にあうと洗脳された彼女は、7年以上にわたり、彼らの奴隷となる。

 

〈ネタバレあり感想〉

♦️まさかの実話❗️

先述の通り、何の前情報もなしにビジュアルインパクトだけで鑑賞を決めたので、まずこれが実話であると言うことが驚愕。しかも1977年〜1983年の7年に渡っての事件という事で、昔の話でもないところがさらに驚かされた。

こんなことが起きるなんて、、、そしてこんな人間がいるなんて信じられない。7年という年月を耐え抜いたコリーンの人間的な強さにも驚きます。信仰のおかげでといってましたが、人は信じるものがあると強くなれる生き物なのかもしれません。

 

♦️アディソンの演技が凄い✨

このヘビーな題材を体当たりでよくぞという演技でした。最初のヒッチハイクで旅をしていた頃の彼女と拉致され、奴隷となった彼女の姿は同じ人物とは思えないほどの変化。メイクさんたちの仕事の凄さもあるでしょうが、彼女の奴隷になってしまった後の振る舞いは本当にそうだったんではないかとさえ思える凄さ。

何度も裸にされ、(カメラには映らないようにしっかり鎖骨までです)ムチで打たれ、辛い撮影だったと思います。映画終わった後に彼女のインスタ見て、笑顔がたくさんあって安心しました。それくらいリアルだった。

 

♦️り、理解不能🌀

この夫妻、というより男の生い立ちが気になります。どう育つと人に痛みを与えることで快感を覚えるような人間になるのか。最後の彼の涙は全てを失った悲しみなんでしょうが、これまでがよくそれでまかり通っていたという状態だったのになんの涙はだよ!ってツッコミたくなるシーンでした。

 

♦️点数はつけられません

この18本目から見た映画に点数をつけようと思ったのですが、さっそくこれはつけられない。

リアルすぎて、ドキュメンタリーを見ていたかのような感じになってますし、それが映画としては確実に成功してると思うのですが数値化できない重たさと、内容に頭が考えることを放棄してしまいました。

正直、とっても胸糞悪くなりますし、見終わった後もその後の現実の結末も知って納得の終わりではあるのですが、見たことを誰かに話したいとか、共有したいタイプの映画ではなく、テレビで「アンビリーバボー」とかで見て知るというのでもいいかもしれない。

アディソンの演技というところでは、彼女の別の作品も見てみたいという気持ちにはさせてくれました。ので、実力のある楽しみな女優を知れた点でもいい映画でした。

【映画】事件解決の鍵は過去の首吊り「ハングマン」-配信鑑賞17本目-

f:id:kotsuko0218:20210227191121j:image

 

ヒリヒリするサスペンス映画をと思って鑑賞。

重たすぎると嫌なんですが、適度な軽さでみれるといい。

 

〈作品概要〉

監督:ジョニー・マーティン

キャスト:アル・パチーノカール・アーバンブリタニー・スノウなど

公開日:2018年7月14日(一部劇場のみ)

本編尺:98分

 

〈あらすじ〉

殺人課の敏腕刑事レイ・アーチャーと相棒ウィル・ルイニーは、子どもの遊び「ハングマン」に見立てて犯行を繰り返す連続殺人鬼を追っていた。殺人は24時間ごとに起き、犠牲者の遺体には次の殺人へのヒントとなる文字が刻まれる。そんな中、犯罪ジャーナリストのクリスティ・デイビスが、連続犯罪の取材をするためレイたちに同行することに。さらなる殺人を防ぐべく奔走する3人だったが……。

 

〈ネタバレあり感想〉

事件はを解く鍵はいつも過去にある。

f:id:kotsuko0218:20210227191923j:image

なかなか面白いサスペンス映画でした。

ジャーナリストの女性が「ブッシュウィック」の女子大生役だったブリタニー・スノウだとわかってたしかに彼女なら強いわと妙に納得笑

f:id:kotsuko0218:20210227191912j:image

連続殺人事件を追う映画って身内に敵がいたりするのが多いんですが、今回は彼らの過去に繋がりのある犯人でした。

かなり八つ当たりに近いけど、人間の感情っていつも当事者の頭の中で思ったことだらけだからそれを否定する事なんてできない。

だからといって肯定もできないんですけど。

 

映画の見どころはなんといっても毎日23時になったら人が殺され、それを止めようと刑事が徐々に的を絞っていくところ。ここの描写は多少強引、何故その結論に至ったのかの説明はあんまりなくて刑事の直感であるところが大きいからあんまり気持ち良くはないんですが、迫るタイムリミットと彼らの緊迫感のある表情でかき消されて早く!早く見つけて!とドキドキして見れます。

 

途中ジャーナリストが言う「警察官は犠牲を払って私たちの為に戦い続けているのに、それを知られないなんてひどすぎる」という台詞他の映画でも聞いたんですが、やっぱり海外の特にアメリカなんですかね、汚職警官が多くて、自分の責務を全うする警官の少なさから一部の正義を貫く警官の活躍が霞となって信頼されないってのがあるんでしょうね。彼らの側に寄り添ったセリフがメッセージとして内包されてる映画が多いです。

この手のメッセージが映画本編に入るとなんか事情を察してしまいますね。

 

ラストはまだ事件は終わってないエンドだったので、解決されたわけではないみたいです。

それもそのはず、ルイニー刑事の奥さんを殺したのはどうしてもこの犯人とは思えない。

また新しく始まるハングマン事件…続編は作られないかな。アル・パチーノ死んだし。

 

なんかこのまとまりなく書いてる感想もっと整理して毎回各項目決めて書いた方が自分の記録としてもいいな。読みにくい。

【映画】固定観念をぶっ飛ばす「ガンズアンドギャンブラー」-配信鑑賞16本目-

f:id:kotsuko0218:20210223213022j:image

 

スタイリッシュな盗みとアクションを楽しめる映画かと期待して鑑賞。

 

〈作品概要〉

監督:マイケル・ウィニック

キャスト:クリスチャン・スレイター、ヘレナ・マットソン、ゲイリー・オールドマン

公開日:2014年2月5日(一部の劇場のみ)

アメリカは2011何公開

本編尺:89分

R15+

 

 

〈あらすじ〉

100万ドルのお宝をめぐって繰り広げられる命懸けのだまし合いを、クリスチャン・スレイターゲイリー・オールドマン共演で描いたクライムアクション。カジノで一夜にして一文無しになったギャンブラーのジョン・スミス。彼が参加したポーカーの最中に、100万ドルの価値を持つネイティブアメリカンの仮面が盗まれた。ポーカー参加者が犯人だと確信したオーナーは、ブロンド美女の殺し屋や汚職警官を雇ってジョンら参加者たちの命を次々と狙う。

 

 

〈ネタバレあり感想〉

思っていたようなオーシャンズ11的な映画ではなかったにしても、なんでもありのドタバタクライムアクションとしてはよかった。

所々でいろんな映画のオマージュが散りばめられていて、自分が分かったのは「イーオン・フラックス」だけだったけど、本当はもっとたくさんあってそこで笑える映画だったはず。

だから、映画偏差値の低い人が見るとこの映画は100%楽しめない。

 

ヘレナ・マットソンはきっとシャーリーズ・セロンに似てる!って言われてるんだろうな。

インスタみてもそっくりでした。

f:id:kotsuko0218:20210223213714j:image

ヘレナ・マットソンインスタより

https://instagram.com/helena_mattsson?igshid=h49b73owov3o

 

f:id:kotsuko0218:20210223213917j:image

まんま!

f:id:kotsuko0218:20210223213929j:image

お美しい…

 

最後にどんでん返し的に話がくるっと逆転するんですが、たしかにそうなるとは思わなかったけどなんか気持ち良くはならないどんでん返しと言いますか、あまり最高!みたいな気持ちにはならなかったです。

これもきっと作品の全体の理解度が低いからかもしれません。

こういう映画でもあの映画のオマージュだよね!とか気づける人間になりたい。

 

エルビスのモノマネ師の中に一人日本人がいるんですが、やっぱりアジア人っていうだけでカラテ出来ると思ってるだろとか. 、メカに強いはずだろとか思ってるんだろう!みたいな発言は楽しかった笑

 

固定観念をぶっ飛ばすはちゃめちゃな設定と登場する人物たちの多種多様な人種、ゲイ、レズビアン、小柄な男、インド人、インディアン、白人、そのほか民族多数で本当に祭りのような登場人物の多さ。

 

まとまってはないけど、最後いい感じに終わるからめでたし、めでたしという感事の映画です。

 

【映画】手紙配達という苦行「デス・レター 呪いの手紙」配信鑑賞15本目

f:id:kotsuko0218:20210221202642j:image

 

ホラー苦手なんですけど、なんかこれはサクッと見れて怖い要素もそんなにないんじゃないか…という事で鑑賞。

 

〈作品概要〉

監督:ウラジミール・マルコフ

キャスト:ユリヤ・ペレシルド、イゴール・リゲンゼビッチ、オルガ、メディニッヒなど

公開日:2017年(日本未公開?)ロシア

本編尺:78分

 

〈あらすじ〉

この呪いの手紙を受け取ったものは、死ぬ。

1通の手紙からはじまる、底なしの恐怖。

あなたの身の上にも起こりうる、背筋も凍る身近な恐怖。躍進目覚しいロシア映画界が放つ、身の毛もよだつ戦慄ホラー映画!

 

〈ネタバレあり感想〉

ホラー映画の面白いところは、いかに普通の事を怖く切り取るか。

コップを滑って落とすのも、梯子から落ちるのもなんか呪われてるかも、、、みたいな風に怖く描く事でどんどん恐怖が自分の中で育っていって最後にドン!とくる印象なんですが、この映画はずっと不穏な空気は流れつつ、いろんなシーンを怖くしようとしてますが、ホラーという部分はそんなになくて、むしろサスペンスという感じでした。

 

ホラー苦手な自分としては助かりました。

本気の怖いやつみると寝れなくなるし、お風呂で髪の毛洗えなくなる。

 

罪を犯した人間がその罪を償う為に?ある1通の手紙を配達する事になるも、途中その中身を見て呪われる。という設定で、配達する前に何度も中身を開けようとするたびに、ひとりの少女が男の前に現れるように。

 

これは、主人公の男がその少女に対して過去に罪を犯していた為に、それを償わせる存在として登場していたように思えます。

警官の女性も同じ少女が見えたのは、警官は正式な配達人ではなく、主人公の配達途中(罪を償う途中)の手紙であった為、同じものを見たのではと。

手紙を届けるだけの話なんて簡単すぎるだろうとは思うのですが、様々な壁があり、さらに男はその自分の罪から逃げ続けている為、困難な道となって立ち塞がります。

 

恐らく手紙を途中で見てしまっていると、片目の男性のように一生許されることのない、時間の概念がないループされ続ける廃墟に隔離される事になったのでしょう。あのシーンがすごくワクワクしてこの先この設定がどういきてくるのかなって思ったんですが、何もありませんでした笑

 

最後には、手紙をある美しい女性に配達をするんですが、女性が手紙を受け取らない!

逆に男のお腹を刺してきます。

えぇ!ってここで驚いたんですが、先祖代々の呪いがかかった手紙だから、結果この手紙を配達する事が、昔の呪いを解く事に繋がっていくのかなと思ったら、女性が永遠の若さを手に入れるための儀式敵契約だったと種明かしされ、では代々かかった呪いはどこにいったんだ……と終盤での設定変更に驚きつつも、主人公の男は改心し、再び少女への罪を犯した時間に戻って、今度は少女の命を救う事に。

そしてポケットには1枚の金貨が入っていて、金持ちになってめでたし

めでたしというエンド。

 

ツッコミどころはありますが、一つ一つの設定は面白いところもあって楽しめる作品でした。ホラーではないのでご注意ください。

 

 

 

 

 

【映画】ヒットマンだって仲間を呼ぶ「メッセージマン」配信鑑賞14本目

f:id:kotsuko0218:20210220164238j:image

 

アクションドンパチ映画を頭空っぽで見たくて選びました。あと90分くらいの映画って手に取りやすいですね。

 

〈作品概要〉

監督:コーリー・パーゾン

キャスト:ポール・オブ・ライエン、ベルディ・ソライマンほか

公開日:2019年4月5日(一部劇場で限定公開)

本編尺:91分

 

〈あらすじ〉

孤独な元ヒットマンが大切な親子を守るため、再び戦いの世界に身を投じていく姿を描いたバイオレンスアクション。引退した凄腕ヒットマンのライアンは、安住の地を求めてジャカルタの小島にやって来る。そこで1人の少年とその母親と親しくなった彼は、生まれて初めての安らぎを手に入れる。そんなある日、島を脅かす極悪非道な海賊団のトラックに少年が轢かれ、瀕死の重傷を負ってしまう。激怒したライアンは海賊を惨殺し、海賊の元締めであるマフィアのリーは殺し屋たちにライアン抹殺を命じる。リーは幼い頃に両親をライアンに殺されており、彼への復讐を誓っていた。ライアンはかつての暗殺者ネットワークを通じて援護を募り、リーとの決戦に挑む。

 

 

〈ネタバレあり感想〉

f:id:kotsuko0218:20210220170547j:image

伝説のヒットマンが引退後に人の愛に触れ、彼らを助けるために再び立ち上がるっていう題材は本当にたくさんあると思うんですが、この映画が斬新だなと思うのは、暗殺者ネットワークなるシステム。

体に埋め込んだチップを捻ることでヒットマンとしての活動を再開する事を伝えられて、巨額の金と引き換えにこの組織に加入している暗殺者からの支援を受けられるというもの。

 

この手の映画は通常伝説のヒットマンが一人で巨悪に立ち向かうのが多いんですが、なんの躊躇もなく人に助けを求められるヒットマン

潔くて好きです。

f:id:kotsuko0218:20210220170603j:image

もう引退した身だし、1人では到底叶わないと冷静に判断してタクシー運転手を仲間に引き込んだり、子どもに助けられたり、人たらしという意味でも伝説だったんだと思います。

 

アクションシーンは伝説ですからやっぱり凄くて、特に銃というよりナイフなどの刃物での殺傷が華麗。これ関連のシーンでは普通に身体欠損がありますのでグロ苦手な人は要注意です。

f:id:kotsuko0218:20210220170612j:image

あとはこれは設定なのか、とてもリアルに感じたのは小さな島民の人たちにとって海賊はどうすることもできない存在で、襲われても無抵抗でなんでも差し出してしまうところ。

抗ったところで勝てないと最初から諦めています。この部分に対してヒットマンは暴力でこれまで解決してきた人間ですからなぜ、根本を断とうたしないのかと疑問に思います。

助けた家族の男の子が犬に大好きな鶏を殺された時のセリフ「犬にも負けない籠を僕が作らなかったのが悪いんだ。」と最初から犬を殺そうとはしない、反撃することを諦めている姿を見ても感じます。

 

この少年が最後にヒットマンを助ける時にヒットマンが言ってた事が正しかったんだ。根本を断たなきゃダメなんだ。殺さないとダメなんだっていう終わりになってしまったのは複雑な気持ちでしたが。

 

という事で、90分と見る前に気合をいれずに見れて楽しめるアクション映画としてよかったです。